事例4:むち打ち症・14級・個人事業主、3日間で148万円増額したケース

相談者・依頼者 40代男性/土浦市在住/個人事業主
傷病名

入通院期間

むち打ち症

通院期間433日/実日数207回

相談・依頼時の状況 既に14級認定済み

任意保険提案252万円の増額交渉依頼のため来所

年内早期解決をご希望

後遺障害等級 14級9号
弁護士の活動・ポイント 争点) 通院慰謝料・個人事業主休損・後遺障害慰謝料・逸失利益

経過) 即日、相手方に賠償請求書送付→裁判基準90%目標

結果 3日間でスピード示談

依頼前252万 ⇒ 依頼後400万 (増額148万円)

弁護士費用特約 ×

 

1 相談・依頼のきっかけ

追突被害事故に遭い、むち打ち症で後遺障害14級9号の事前認定が出た後、保険会社の賠償提案252万円の増額見込みを確認するため、12月中旬に来所されました。

 

保険会社に提出した確定申告書控えを含め一件書類すべてお持ちいただけたため、その場で、等級の妥当性も確認のうえ、①逸失利益の基礎年収の誤り(所得控除すべきでない項目まで控除して低額であった点など)や労働能力喪失期間を3年に限定している点を再計算し、②傷害慰謝料及び③後遺傷害慰謝料も裁判基準の見込額を算出し、増額交渉目標額や、交渉の場合と裁判の場合の弁護士費用概算見積をご説明したところ、増額交渉をご依頼いただきました。

 

2 弁護士の活動

即日、保険会社に受任通知及び(相談時に作成した)賠償請求書を送付し、(相談時の打合せどおり)年内早期解決案として裁判基準の90%以上を目標に交渉しました。

 

3 当事務所が関与した結果

依頼前の保険会社の呈示金額252万に対し、148万円増額することができました。

主な損害項目 サポート前 サポート後 増加額
休業損害 88万円
傷害慰謝料 103万円
逸失利益 86万円
後遺傷害慰謝料 110万円
合計 253万円 400万円 147万円

 

4 弁護士の所感

このケースでは、保険会社から送られた診断書等のコピーだけでなく、保険会社に提出された確定申告書控えなど、すべての資料が揃っていたため、相談の場でほぼすべての計算や打合せが終わりました。

 

また、年内の早期示談を目指すのにぎりぎりの(ある意味絶妙な)タイミングだったこと、保険会社担当者も話の早い人だったこともあり、相談から3日での示談成立、その5日後には賠償金の入金・弁護士費用精算まで完了するスピード解決となりました。

 

 

 

当事務所の代表的な解決事例と
部位別後遺障害の紹介

部位別後遺障害の紹介

  • 頭部・脳
  • 顔(目・耳・鼻・口)
  • 上肢
  • 脊髄、脊柱
  • 下肢