無料相談の流れ

ステップ1 お問合せ・相談予約

「(1)基本情報、(2)来所日時のご希望、(3)相談の概要」を伺います。

  • 電話・メール・>>>お問合せフォーム・FAX、どれでも結構です。
  • 電話に弁護士が出られない場合、転送先オペレーターに下記情報をお伝え頂ければ、できるだけ速やかに弁護士から折り返しお電話します。

(1)  基本情報

  • ご自分の「①フルネーム、②電話番号、③郵便番号(不明なら市町村)」
    ~他のお問合せ時の利益相反チェックのため
  • 「相手方(運転者)の氏名」
    ~前に相談・依頼を受けていないか確認のため
  • 事故の「①年月日、②現場(市町村)、③人身事故届の有無」
  • 相手方の保険会社名
  • ご自分の保険会社名

~弁護士費用特約、過失事案では人身傷害補償特約の有無

(2)  来所日時のご希望

候補日時を2~3いただけると助かります。

スケジュール管理上、1回の目安は、1~1.5時間でお願いしています。当日、後の予定が空いていれば延長は可能です。

(3)  相談の概要の伝え方

例えば、以下のお困りごとの例だけでも結構です。

□ 保険会社から治療費支払い打ち切りの打診・通知があった

□ 後遺障害診断書に何を書いてもらえばよいか分からない

□ 後遺障害の被害者請求や異議申立をしたい

□ 保険会社の賠償提案・示談書をチェックしてほしい

●夜間・土日の相談予約もできます。

●入院中の方の出張相談予約もできます。

●メール・お問合せフォーム(年中無休24時間受付)

無料相談の時間を有効活用いただくため、おすすめです。

>>>交通事故相談カードを参考に、可能な範囲で必要事項・質問事項を記載いただければ幸いです。

※携帯電話キャリアのメールアドレスでは返信メールが届かない場合が多々あります。パソコンで利用されているメールアドレス(Yahoo、Googleなどのフリーメールアドレスで結構です)をご入力いただければ幸いです。

ステップ2 来所相談

(1)>>>交通事故相談カードのご記入をお願いします。

相談時間を有効に活用頂くため、お問合せフォーム・メールのご利用や、事前に相談カードを記入したりメモを作成して持参いただくのがお勧めです。

(2)お話を伺い、アドバイス

  • 相談時点の資料・状況・ご意向に応じて、見通し・解決策・概算費用をご提案します。
  • 事故直後や治療初期の場合、通院治療上のアドバイスをした上で、2回目の相談のタイミングなどをお伝えします。

(3)その場で弁護士に依頼するかどうか決める必要は全くありません。

  • 相談結果(見通し・方針・費用など)をじっくり検討したり、家族や知人にも相談いただいたうえで、後日、必要に応じて追加相談やご依頼をいただけば結構です。
  • 他の事務所に相談してみてから考えていただいても結構です。
  • 相談のみで解決した場合、費用は一切かかりません。
  • 逆に、賠償金査定が済んでいる方やお忙しい方は、依頼内容と費用見積に納得いただければ、その場で委任契約書・委任状に署名・三文判をいただくこともできます。

ステップ3 二回目以降の無料相談

  • 必要に応じて実施します
  • 資料を確認する必要がない場合や、内容、お時間によっては、電話・メールでも対応できることもあります。

ステップ4 弁護士に依頼する場合

  • 事前見積・委任契約書に納得・署名いただいて契約成立となります。
  • 契約成立後、弁護士は直ちに活動を開始します。
  • その後も、こまめに経過・見通しを報告し、ご意向を確認しながら受任事項を進めていきます。

 

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください 029-896-3363
事無料法律相談会

5

日程:2017年2月19日(日)

部位別の後遺障害に関する解説

   
お問合せはこちら
  • お電話でのご予約
  • メールでのご予約
事無料法律相談会

5

日程:2017年2月19日(日)

会場:上田法律事務所 相談室

当事務所の代表的な解決事例と 部位別後遺障害の紹介

部位別後遺障害の紹介

  • 頭部・脳
  • 顔(目・耳・鼻・口)
  • 上肢
  • 脊髄、脊柱
  • 下肢