鼻の後遺障害

鼻の後遺障害の症状・種類

後遺障害等級表に規定されているのは、

①鼻の「欠損を伴う著しい機能障害」だけですが、

②鼻の「欠損を伴わない機能障害」についても、準用等級が定められています。

鼻の機能は、嗅覚と呼吸の2つです。

 

鼻の後遺障害の認定基準

①鼻の欠損障害

等級認定基準9級5号鼻を欠損し、(結果)その機能に著しい障害を残すもの

 

  • 欠損とは、 鼻の軟骨の大部分が欠けること
  • 著しい(機能)障害とは、 鼻呼吸困難、または、嗅覚脱失

 

★しかし、著しい外貌醜状(7級12号)とは等級併合しない=上位の7級12号だけ認定

 

②鼻の機能障害

等級 認定基準
12 級相当 嗅覚を脱失「または」鼻呼吸困難が存するもの

(嗅覚の脱失とはT&Tオルファクトメーターで5.6以上)

14 級相当 嗅覚の減退するもの

(嗅覚の減退とはT&Tオルファクトメーターで2.6以上5.5以下)

 

鼻の後遺障害の留意点

鼻の後遺障害においても、鼻そのものの外傷によって後遺障害が残ってしまうケースのほかにも、交通事故による頭部外傷が原因で嗅神経に影響が発生し、鼻の後遺障害が残ってしまうケースもありますので、頭部外傷がある場合はもちろん、耳鼻科で原因が分からない場合などは、神経内科や脳神経外科の受診を検討する必要があります。

 

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください 029-896-3363
事無料法律相談会

5

日程:2017年2月19日(日)

部位別の後遺障害に関する解説

   
お問合せはこちら
  • お電話でのご予約
  • メールでのご予約
事無料法律相談会

5

日程:2017年2月19日(日)

会場:上田法律事務所 相談室

当事務所の代表的な解決事例と 部位別後遺障害の紹介

部位別後遺障害の紹介

  • 頭部・脳
  • 顔(目・耳・鼻・口)
  • 上肢
  • 脊髄、脊柱
  • 下肢